<< 南海冥府の女王 第三章 ジャワ社会における南海の女王と南海冥府の女王、北海の女王(28) | main | 南海冥府の女王 第三章 ジャワ社会における南海の女王と南海冥府の女王、北海の女王(30) >>

南海冥府の女王 第三章 ジャワ社会における南海の女王と南海冥府の女王、北海の女王(29)

0

     Nawangwulanはこの後でKi Ageng Tarubが盗んだ羽衣を見つけたが、人間と結婚したために天国へは帰れなくなってしまった。それゆえに、彼女はNyai Blorongとして大衆に知られてもいる南海冥府の女王になり、永遠の命を持ち南海に都をおく、霊界の女王である南海の女王の将軍になったのである。このように、種々のBabad Tanah Jawiの版にみられるように、さらにはジャワの社会に伝わる物語を通じてこれは信じられるようになったのである。<103>これらの神話は、マジャパヒトの諸王とWali Songo、メッカの諸王、ムハンマド、霊界の女王とマタラム王宮とを結びつけるものの存在を見せるのである。彼らの全てはすべての可能性をつかむためにマタラム王朝にその正統性の証拠を与えている。これ以外には、この神話は(アラブのMaulanaの子孫に代表される)イスラムと(マジャパヒトに代表される)ジャワ・ヒンドゥーの伝統(南海の女王に代表される)霊への信仰が有機的に結びついていることを確信させるのである。

     上記の物語から、最初からジャワ社会は南海の女王と南海冥府の女王とは異なる人物であり、この二人のやるべきことも異なっていることを理解していたという重要なヒントが得られる。

     

    続く


    スポンサーサイト

    0
      • 2018.10.18 Thursday
      • -
      • 14:40
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      calendar
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << October 2018 >>
      PR
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      • 南海冥府の女王 第一章 霊界に関するジャワ神秘主義 (29)
        度欲おぢさん (08/29)
      • 南海冥府の女王 第一章 霊界に関するジャワ神秘主義 (9)
        度欲おぢさん (05/28)
      • ジャワ・ヒンドゥー王朝の衰退とイスラム諸国の勃興 第九章 胡椒交易争奪戦とマラッカ海峡 (26)
        度欲おぢさん (01/09)
      • ジャワ・ヒンドゥー王朝の衰退とイスラム諸国の勃興 第九章 胡椒交易争奪戦とマラッカ海峡 (20)
        度欲おぢさん (01/01)
      • ジャワ・ヒンドゥー王朝の衰退とイスラム諸国の勃興 第八章 Demak王国の衰亡 (12)
        度欲おぢさん (12/06)
      • ジャワ・ヒンドゥー王朝の衰退とイスラム諸国の勃興 第七章 Demakイスラム国の建国 (2)
        度欲おぢさん (10/29)
      • ジャワ・ヒンドゥー王朝の衰退とイスラム諸国の勃興 第二章 原資料 (34)
        度欲おぢさん (09/23)
      • ジャワ・ヒンドゥー王朝の衰退とイスラム諸国の勃興 第二章 原資料 (9)
        コピーブランドバッグ (08/30)
      • ジャワ・ヒンドゥー王朝の衰退とイスラム諸国の勃興 第二章 原資料 (6)
        度欲おぢさん (08/27)
      • ヒンドゥー・ジャワ王朝の衰退とイスラム諸国の勃興 前文 (9)
        度欲おぢさん (07/04)
      recent trackback
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM