<< 南海冥府の女王 第四章 ジャワイスラムの古典の中の南海の女王(19) | main | 南海冥府の女王 第四章 ジャワイスラムの古典の中の南海の女王(21) >>

南海冥府の女王 第四章 ジャワイスラムの古典の中の南海の女王(20)

0

    他の場所で、Sutawijoyoを指導するためにKi Pemanahanによって差し向けられた長老のKi Juru Mertaniは失望してSenopatiに会うためにMataramの都に向かった。しかしながらSenopatiに会うことはできなかった。そこの守衛に尋ねてみると、夕刻から日没までPanembahanは外出していて、その外出先を守衛は知らなかった。しかしながら、Ki Juruは彼の甥の息子がどこに出かけたのかは知っていた。Lipuroに到着して、熟睡しているSutawijayaを捕まえることができ、「Tole、起きろ。お前は王になろうとしているといわれている。ここでのうのうと寝ていていいのか」と言って彼を起こした。ヤシの実ほどもあるおおきな星がSutawijayaの頭上に落ちようとしているのをKi Juru Mertaniは見たのだった。Ki Juru Martaniは驚いて、彼を起こした。「Tole、さっさと起きろ。頭の上にある月のように輝くものはいったいなんだ?」


    スポンサーサイト

    0
      • 2018.09.21 Friday
      • -
      • 17:35
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      calendar
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << September 2018 >>
      PR
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      • 南海冥府の女王 第一章 霊界に関するジャワ神秘主義 (29)
        度欲おぢさん (08/29)
      • 南海冥府の女王 第一章 霊界に関するジャワ神秘主義 (9)
        度欲おぢさん (05/28)
      • ジャワ・ヒンドゥー王朝の衰退とイスラム諸国の勃興 第九章 胡椒交易争奪戦とマラッカ海峡 (26)
        度欲おぢさん (01/09)
      • ジャワ・ヒンドゥー王朝の衰退とイスラム諸国の勃興 第九章 胡椒交易争奪戦とマラッカ海峡 (20)
        度欲おぢさん (01/01)
      • ジャワ・ヒンドゥー王朝の衰退とイスラム諸国の勃興 第八章 Demak王国の衰亡 (12)
        度欲おぢさん (12/06)
      • ジャワ・ヒンドゥー王朝の衰退とイスラム諸国の勃興 第七章 Demakイスラム国の建国 (2)
        度欲おぢさん (10/29)
      • ジャワ・ヒンドゥー王朝の衰退とイスラム諸国の勃興 第二章 原資料 (34)
        度欲おぢさん (09/23)
      • ジャワ・ヒンドゥー王朝の衰退とイスラム諸国の勃興 第二章 原資料 (9)
        コピーブランドバッグ (08/30)
      • ジャワ・ヒンドゥー王朝の衰退とイスラム諸国の勃興 第二章 原資料 (6)
        度欲おぢさん (08/27)
      • ヒンドゥー・ジャワ王朝の衰退とイスラム諸国の勃興 前文 (9)
        度欲おぢさん (07/04)
      recent trackback
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM