<< 南海冥府の女王 第四章 ジャワイスラムの古典の中の南海の女王(20) | main | 南海冥府の女王 第四章 ジャワイスラムの古典の中の南海の女王(22) >>

南海冥府の女王 第四章 ジャワイスラムの古典の中の南海の女王(21)

0

    「知っての通り、我はお前を指導する星であり、アッラーに気に入られようとへりくだった心で熱心に瞑想をしていた意図は既にアッラーに受け入れらたことをお前に伝える。お前が神の許しを得ようとした、ジャワの土地の王にお前がなることと、孫子の世代まで比類なきマタラムの王になることである。黄金と宝石をたくさん持ち敵に大変恐がられる。マタラムの支配を終わらせるひ孫の時代、国は割れてその後粉々に砕ける。しばしば日食と月食が発生し、流星が毎晩見られ、火山は噴火し、火山灰と噴石が降ることになる。これは国が崩壊する前兆である」このように言うと星は消えてしまった。

    Sutawijayaは心の中で繰り返し「今、アッラーに対する願いは聞き届けられた。私の目的は(Pajang)のサルタンの代わりに王になり、孫子の時代までジャワの土地の灯となりジャワの人達全てが私にひれ伏すのだ」と唱えた。


    スポンサーサイト

    0
      • 2018.07.19 Thursday
      • -
      • 10:22
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      calendar
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << July 2018 >>
      PR
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      • 南海冥府の女王 第一章 霊界に関するジャワ神秘主義 (29)
        度欲おぢさん (08/29)
      • 南海冥府の女王 第一章 霊界に関するジャワ神秘主義 (9)
        度欲おぢさん (05/28)
      • ジャワ・ヒンドゥー王朝の衰退とイスラム諸国の勃興 第九章 胡椒交易争奪戦とマラッカ海峡 (26)
        度欲おぢさん (01/09)
      • ジャワ・ヒンドゥー王朝の衰退とイスラム諸国の勃興 第九章 胡椒交易争奪戦とマラッカ海峡 (20)
        度欲おぢさん (01/01)
      • ジャワ・ヒンドゥー王朝の衰退とイスラム諸国の勃興 第八章 Demak王国の衰亡 (12)
        度欲おぢさん (12/06)
      • ジャワ・ヒンドゥー王朝の衰退とイスラム諸国の勃興 第七章 Demakイスラム国の建国 (2)
        度欲おぢさん (10/29)
      • ジャワ・ヒンドゥー王朝の衰退とイスラム諸国の勃興 第二章 原資料 (34)
        度欲おぢさん (09/23)
      • ジャワ・ヒンドゥー王朝の衰退とイスラム諸国の勃興 第二章 原資料 (9)
        コピーブランドバッグ (08/30)
      • ジャワ・ヒンドゥー王朝の衰退とイスラム諸国の勃興 第二章 原資料 (6)
        度欲おぢさん (08/27)
      • ヒンドゥー・ジャワ王朝の衰退とイスラム諸国の勃興 前文 (9)
        度欲おぢさん (07/04)
      recent trackback
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM