<< 南海冥府の女王 第四章 ジャワイスラムの古典の中の南海の女王(24) | main | 南海冥府の女王 第四章 ジャワイスラムの古典の中の南海の女王(26) >>

南海冥府の女王 第四章 ジャワイスラムの古典の中の南海の女王(25)

0

     南海冥府の女王はさらに「恥ずかしがることはありません、どうぞ。お待ちしていました。あなたのものです」と述べた。その後、南海冥府の女王はSenopatiと腕を組んでベッドに向かった。南海冥府の女王の美しさを見たことによる痛みのくすりを所望するととともにこのように美しい宮殿と部屋に男性がいないという比喩を返した。もっとたくさん美しい女性がいるといいながら南海冥府の女王はちらっと流し目を使った。

      この二人は愛し合っていたので、後日南海の宮殿で結婚した。結婚に続いてSenopatiは南海冥府の女王をベッドに連れて行った。そこで二人は一緒になったのであった。<134>

     Panembahan Senopatiは南海の宮殿に三日三晩滞在した。この間、Senopatiは大国の支配の方法や人民や生物を先導する方法などの指導をずっと受けた。この指導が十分と感じて地上に戻ろうとする時にSenopatiは「例えばMataramに敵が現れた時、だれが女王様に連絡するのですか?Mataramの人達には女王様を見ることができる人はいませんから」と言った。


    スポンサーサイト

    0
      • 2018.07.19 Thursday
      • -
      • 10:42
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      calendar
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << July 2018 >>
      PR
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      • 南海冥府の女王 第一章 霊界に関するジャワ神秘主義 (29)
        度欲おぢさん (08/29)
      • 南海冥府の女王 第一章 霊界に関するジャワ神秘主義 (9)
        度欲おぢさん (05/28)
      • ジャワ・ヒンドゥー王朝の衰退とイスラム諸国の勃興 第九章 胡椒交易争奪戦とマラッカ海峡 (26)
        度欲おぢさん (01/09)
      • ジャワ・ヒンドゥー王朝の衰退とイスラム諸国の勃興 第九章 胡椒交易争奪戦とマラッカ海峡 (20)
        度欲おぢさん (01/01)
      • ジャワ・ヒンドゥー王朝の衰退とイスラム諸国の勃興 第八章 Demak王国の衰亡 (12)
        度欲おぢさん (12/06)
      • ジャワ・ヒンドゥー王朝の衰退とイスラム諸国の勃興 第七章 Demakイスラム国の建国 (2)
        度欲おぢさん (10/29)
      • ジャワ・ヒンドゥー王朝の衰退とイスラム諸国の勃興 第二章 原資料 (34)
        度欲おぢさん (09/23)
      • ジャワ・ヒンドゥー王朝の衰退とイスラム諸国の勃興 第二章 原資料 (9)
        コピーブランドバッグ (08/30)
      • ジャワ・ヒンドゥー王朝の衰退とイスラム諸国の勃興 第二章 原資料 (6)
        度欲おぢさん (08/27)
      • ヒンドゥー・ジャワ王朝の衰退とイスラム諸国の勃興 前文 (9)
        度欲おぢさん (07/04)
      recent trackback
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM