<< 第五章 南海のSegara Sewu王国 (15) | main | 第五章 南海のSegara Sewu王国 (17) >>

第五章 南海のSegara Sewu王国 (16)

0

     上記の著名人の中で、ジャワ神秘主義に関係して、しばしば南海の女王として受け入れられている著名人がいて、それはRatu Andarawatiである。Ratu Andarawatiは南海冥府の女王という名で知られているAngin-angin王夫妻の娘でありCempuri Rahegwesi (Kahtabgan Dalephi)の女王である。<171>この娘こそがPanembahan Senopatiの霊的な妻(garwa alus)になり、霊的な妻になった時にはRatu Pagedhonganと呼ばれた。Andarawatiはこのように南海の女王の大臣としての地位を得て上記の行政組織の一部として見られている。

     2001年の第一四半期以降に、その翌年にソロモン王が決意した支援のある人間界のネットワークを確立することにRatu Ayuは成功した。2002年のMuharramあるいはSuroの月から、南海の軍隊のネットワークを回復するために新しい総司令官が昇進した。Prahaya王(ヒマラヤ)の共同作業のおかげで、最終的にはジャワと南海とインドの軍隊が統合された。それ以外にはal-Qadrの天使すなわち天使Rayuz (三番目の天の番人)がいた。


    スポンサーサイト

    0
      • 2018.10.18 Thursday
      • -
      • 09:50
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      calendar
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << October 2018 >>
      PR
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      • 南海冥府の女王 第一章 霊界に関するジャワ神秘主義 (29)
        度欲おぢさん (08/29)
      • 南海冥府の女王 第一章 霊界に関するジャワ神秘主義 (9)
        度欲おぢさん (05/28)
      • ジャワ・ヒンドゥー王朝の衰退とイスラム諸国の勃興 第九章 胡椒交易争奪戦とマラッカ海峡 (26)
        度欲おぢさん (01/09)
      • ジャワ・ヒンドゥー王朝の衰退とイスラム諸国の勃興 第九章 胡椒交易争奪戦とマラッカ海峡 (20)
        度欲おぢさん (01/01)
      • ジャワ・ヒンドゥー王朝の衰退とイスラム諸国の勃興 第八章 Demak王国の衰亡 (12)
        度欲おぢさん (12/06)
      • ジャワ・ヒンドゥー王朝の衰退とイスラム諸国の勃興 第七章 Demakイスラム国の建国 (2)
        度欲おぢさん (10/29)
      • ジャワ・ヒンドゥー王朝の衰退とイスラム諸国の勃興 第二章 原資料 (34)
        度欲おぢさん (09/23)
      • ジャワ・ヒンドゥー王朝の衰退とイスラム諸国の勃興 第二章 原資料 (9)
        コピーブランドバッグ (08/30)
      • ジャワ・ヒンドゥー王朝の衰退とイスラム諸国の勃興 第二章 原資料 (6)
        度欲おぢさん (08/27)
      • ヒンドゥー・ジャワ王朝の衰退とイスラム諸国の勃興 前文 (9)
        度欲おぢさん (07/04)
      recent trackback
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM