<< 第五章 南海のSegara Sewu王国 (19) | main | 第五章 南海のSegara Sewu王国 (21) >>

第五章 南海のSegara Sewu王国 (20)

0

     アチェの津波の後で南海の王国が霊界で復権した時、Dajjalに率いられた悪Iblis Curawan王国が新たな敵対相手となった。この霊界の王国は、諜報組織と海軍力に関する大変優秀な武器を保持していたためその軍事力はとても強力になったと同時に霊界からの二人の師匠、霊界からはBanul JanすなわちAdajil(jinの四代目の王)とIblis (jinの三代目の王)にその権威が支持された。南海の王宮に広く効果的に張り巡らされた諜報機関の介入は、霊界での知識層ネットワークを独占しているHyang Bagas Purwaがそれとは気づかないようにして南海の女王の顧問(penasihat)としてのAdajilを巻き込むことによってより大変強力になった。この支配も、宮廷の第1軍の存在に対して影響をあたえる強力な軍隊の支持を有している司令官の一人であるDamarwulanを昇進させることで支持を受けた。

     残念なことに、宮廷がやや静まった後、Raja PersiaとDamarwulanを連携したRatu Ayuと、他の女王とGenthong GotriとMaikmayaを連携したSunan Lawuの間での抗争の影響で宮廷には混乱が生じた。Ratu Ayuはアラブの地のRatu Ariniの配下のkajimanのネットワークとAdajilの魔力を得たため、Sunan Lawuのネットワークは排除されてしまった。<174>


    スポンサーサイト

    0
      • 2018.10.18 Thursday
      • -
      • 16:58
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      calendar
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << October 2018 >>
      PR
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      • 南海冥府の女王 第一章 霊界に関するジャワ神秘主義 (29)
        度欲おぢさん (08/29)
      • 南海冥府の女王 第一章 霊界に関するジャワ神秘主義 (9)
        度欲おぢさん (05/28)
      • ジャワ・ヒンドゥー王朝の衰退とイスラム諸国の勃興 第九章 胡椒交易争奪戦とマラッカ海峡 (26)
        度欲おぢさん (01/09)
      • ジャワ・ヒンドゥー王朝の衰退とイスラム諸国の勃興 第九章 胡椒交易争奪戦とマラッカ海峡 (20)
        度欲おぢさん (01/01)
      • ジャワ・ヒンドゥー王朝の衰退とイスラム諸国の勃興 第八章 Demak王国の衰亡 (12)
        度欲おぢさん (12/06)
      • ジャワ・ヒンドゥー王朝の衰退とイスラム諸国の勃興 第七章 Demakイスラム国の建国 (2)
        度欲おぢさん (10/29)
      • ジャワ・ヒンドゥー王朝の衰退とイスラム諸国の勃興 第二章 原資料 (34)
        度欲おぢさん (09/23)
      • ジャワ・ヒンドゥー王朝の衰退とイスラム諸国の勃興 第二章 原資料 (9)
        コピーブランドバッグ (08/30)
      • ジャワ・ヒンドゥー王朝の衰退とイスラム諸国の勃興 第二章 原資料 (6)
        度欲おぢさん (08/27)
      • ヒンドゥー・ジャワ王朝の衰退とイスラム諸国の勃興 前文 (9)
        度欲おぢさん (07/04)
      recent trackback
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM