<< 第六章 南海の女王陛下と関係する参詣地の数々(1) | main |

第六章 南海の女王陛下と関係する参詣地の数々(2)

0

    第二節 Pelabuhan RatuのSamudera Beach Hotelの308号室の神秘と魔力

     

     ジャカルタのIwan Kamahによると、ロシアうまれで米国の輝かしいサイエンスフィクション作家であるIsaac Asimovが著書「Isaac Asimov’s Book of Fact = アイザック・アシモブの真実の本」に真実を書き込んだことがあった。この世で厄介で神秘的であるとしばしば理解されている数千の真実がありその中には論理に踏み込んで書かれている。奇妙なのは、健全な知識を持った人にとって信じがたい特異な真実があるということである。この記載とは「西ジャワ州のPelabuhan Ratu海岸の一軒のホテルにはインド洋海域の支配者の女神のための部屋がしつらえてある。」とAsimovは書いている。この記事が含まれたAsimovの本の読者にとっては躊躇されるものであり嘲笑の対象になろうとも、ジャワ島南岸地域に住んでいるジャワ人にとって、この真実は奇妙なことではないのである。

    (挿入写真はPelabuhan RatuのSamudra Beach Hotelの308号室、Nyai Roro Kidulの部屋)


    スポンサーサイト

    0
      • 2018.10.18 Thursday
      • -
      • 16:46
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      calendar
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      252627282930 
      << November 2018 >>
      PR
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      • 南海冥府の女王 第一章 霊界に関するジャワ神秘主義 (29)
        度欲おぢさん (08/29)
      • 南海冥府の女王 第一章 霊界に関するジャワ神秘主義 (9)
        度欲おぢさん (05/28)
      • ジャワ・ヒンドゥー王朝の衰退とイスラム諸国の勃興 第九章 胡椒交易争奪戦とマラッカ海峡 (26)
        度欲おぢさん (01/09)
      • ジャワ・ヒンドゥー王朝の衰退とイスラム諸国の勃興 第九章 胡椒交易争奪戦とマラッカ海峡 (20)
        度欲おぢさん (01/01)
      • ジャワ・ヒンドゥー王朝の衰退とイスラム諸国の勃興 第八章 Demak王国の衰亡 (12)
        度欲おぢさん (12/06)
      • ジャワ・ヒンドゥー王朝の衰退とイスラム諸国の勃興 第七章 Demakイスラム国の建国 (2)
        度欲おぢさん (10/29)
      • ジャワ・ヒンドゥー王朝の衰退とイスラム諸国の勃興 第二章 原資料 (34)
        度欲おぢさん (09/23)
      • ジャワ・ヒンドゥー王朝の衰退とイスラム諸国の勃興 第二章 原資料 (9)
        コピーブランドバッグ (08/30)
      • ジャワ・ヒンドゥー王朝の衰退とイスラム諸国の勃興 第二章 原資料 (6)
        度欲おぢさん (08/27)
      • ヒンドゥー・ジャワ王朝の衰退とイスラム諸国の勃興 前文 (9)
        度欲おぢさん (07/04)
      recent trackback
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM