<< 第九章 おわりに 南海の女王陛下への信仰とジャワ人生活への影響 (9) | main | 第九章 おわりに 南海の女王陛下への信仰とジャワ人生活への影響 (11) >>

第九章 おわりに 南海の女王陛下への信仰とジャワ人生活への影響 (10)

0

     以上のように、Twikromo (2006)によると、ジョグジャカルタ王宮の人たちによる宗教行事の実施を通じて生きながらえてきた南海の女王陛下の神話は、神秘的なジョグジャカルタ・サルタン国の施政のシステムを安定化させ存続させることと緊密な関係を有しているのである。事実、アッラーを源とする力なのであり、ゆえに施政上サルタンは常に彼を取り巻く超自然界の権力者と交信しているのである。<292> 山や森、海などのような目に見える世界は聖なる存在の可視化であるがゆえに供物をささげたり布施を行わねばならないのである。さらには、ジャワの南海には霊界の権力と権威の中心となっている、すなわち神の代理人(カリフ)のようなものの一人としての南海の女王陛下、大きな幽界の力を持っていると理解されているジャワの南海なのである。基本的には上記の供物奉納の儀式は自然の状態のバランスを取るための一つの方法として利用されている。Labuhanの儀式の時にParangkusumoの管理人(juru kunci)によって唱えられる呪文は、上記の儀礼が国家と国民の安寧と安全と栄光を願うことを目的としていることを指し示している。


    スポンサーサイト

    0
      • 2020.04.06 Monday
      • -
      • 08:56
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      calendar
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      2627282930  
      << April 2020 >>
      PR
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      • 南海冥府の女王 第一章 霊界に関するジャワ神秘主義 (29)
        度欲おぢさん (08/29)
      • 南海冥府の女王 第一章 霊界に関するジャワ神秘主義 (9)
        度欲おぢさん (05/28)
      • ジャワ・ヒンドゥー王朝の衰退とイスラム諸国の勃興 第九章 胡椒交易争奪戦とマラッカ海峡 (26)
        度欲おぢさん (01/09)
      • ジャワ・ヒンドゥー王朝の衰退とイスラム諸国の勃興 第九章 胡椒交易争奪戦とマラッカ海峡 (20)
        度欲おぢさん (01/01)
      • ジャワ・ヒンドゥー王朝の衰退とイスラム諸国の勃興 第八章 Demak王国の衰亡 (12)
        度欲おぢさん (12/06)
      • ジャワ・ヒンドゥー王朝の衰退とイスラム諸国の勃興 第七章 Demakイスラム国の建国 (2)
        度欲おぢさん (10/29)
      • ジャワ・ヒンドゥー王朝の衰退とイスラム諸国の勃興 第二章 原資料 (34)
        度欲おぢさん (09/23)
      • ジャワ・ヒンドゥー王朝の衰退とイスラム諸国の勃興 第二章 原資料 (9)
        コピーブランドバッグ (08/30)
      • ジャワ・ヒンドゥー王朝の衰退とイスラム諸国の勃興 第二章 原資料 (6)
        度欲おぢさん (08/27)
      • ヒンドゥー・ジャワ王朝の衰退とイスラム諸国の勃興 前文 (9)
        度欲おぢさん (07/04)
      recent trackback
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM