<< 第九章 おわりに 南海の女王陛下への信仰とジャワ人生活への影響 (10) | main | 第九章 おわりに 南海の女王陛下への信仰とジャワ人生活への影響 (12) >>

第九章 おわりに 南海の女王陛下への信仰とジャワ人生活への影響 (11)

0

     この現象は静的な性格を持つ宗教的論理だけでは理解することができないのは確実である。この神秘的な現象に関する理解は宗教の心理的な側面から近づかなくてはならない。Durkheim (Koentjaraningrat, 1981: 223-225と1982:85-102; Baal, 1987:201-220)によると、社会的感情により人の魂の世界において突出してくる魂の震えによって人間は宗教的な行動に突き動かされるので、真実の宗教的理想とは、同じ手法で聖なる存在を想像しそれと交信するという現実でそれらを合一させるすべての連携を有しているのである。

     このようにして、ジョグジャカルタ宮廷の支配者と王国に住んでいる住民たちは儀式や信心そして神話のような比較的同一の方法を通じて同じ目的地に着くためにその宗教的行為を発展させてきた。伝統から生まれた形を形成している南海の女王陛下の神話は宗教的行為を行うことで人々を統一するための一つの手段として利用されている。さらにこのすべての伝統儀式の端には、南海の女王陛下へではなく神への願いの頂点が確かに存在するのである。しかし、こうではない目的と展望を有しているいくつかのサポート(あるいは宗教に合致しない展望)がいまだに見受けられるのは確かであり、整理しなくてはならない人間の願望と展望がいまだに存在するとしても誤った伝統儀式を行っているという意味ではないのである。<293>


    スポンサーサイト

    0
      • 2020.04.06 Monday
      • -
      • 16:00
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      calendar
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      2627282930  
      << April 2020 >>
      PR
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      • 南海冥府の女王 第一章 霊界に関するジャワ神秘主義 (29)
        度欲おぢさん (08/29)
      • 南海冥府の女王 第一章 霊界に関するジャワ神秘主義 (9)
        度欲おぢさん (05/28)
      • ジャワ・ヒンドゥー王朝の衰退とイスラム諸国の勃興 第九章 胡椒交易争奪戦とマラッカ海峡 (26)
        度欲おぢさん (01/09)
      • ジャワ・ヒンドゥー王朝の衰退とイスラム諸国の勃興 第九章 胡椒交易争奪戦とマラッカ海峡 (20)
        度欲おぢさん (01/01)
      • ジャワ・ヒンドゥー王朝の衰退とイスラム諸国の勃興 第八章 Demak王国の衰亡 (12)
        度欲おぢさん (12/06)
      • ジャワ・ヒンドゥー王朝の衰退とイスラム諸国の勃興 第七章 Demakイスラム国の建国 (2)
        度欲おぢさん (10/29)
      • ジャワ・ヒンドゥー王朝の衰退とイスラム諸国の勃興 第二章 原資料 (34)
        度欲おぢさん (09/23)
      • ジャワ・ヒンドゥー王朝の衰退とイスラム諸国の勃興 第二章 原資料 (9)
        コピーブランドバッグ (08/30)
      • ジャワ・ヒンドゥー王朝の衰退とイスラム諸国の勃興 第二章 原資料 (6)
        度欲おぢさん (08/27)
      • ヒンドゥー・ジャワ王朝の衰退とイスラム諸国の勃興 前文 (9)
        度欲おぢさん (07/04)
      recent trackback
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM